夢工房はこんなところ

ここでは、採用の時に聞くよくある質問にお答えします。

目次
配属はどこですか?

施設毎に募集をしますので、必ず応募先の保育園に配属できます。

就職したい施設が募集していない。

希望している施設で職員採用の必要が出ましたら、ホームページでお知らせします。
希望されていない施設もすべて素敵な施設ですので、一度見学に行っていただけたら嬉しいです。

夢工房のA夢保育園で内定が出たが、別の夢工房グループのB夢保育園で募集が始まった。実はB夢保育園に行きたかった。

内定者の方には、他の保育園・こども園で欠員が出た時は、希望者に優先して再受験をご案内します。本当に行きたかった配属先になるよう全力でサポート致します。もう少し受験を待っていればよかった、なんてことにはなりません。

1人暮らしの補助は?

夢工房では各自治体が実施している「宿舎借上げ支援事業」を積極的に活用しています。
また、この制度がない場合でも法人独自の住宅手当が支給されます。

家庭との両立は?

毎年、20人ほどの職員が産休・育休をとっています。多くの職員がその後も時短勤務などを活用しながら復帰しています。
(2017年度 産育休復帰実績:23人)

保育の特徴は?

「子どもたちの主体性を尊重し、子どもたちに寄り添う保育」を目指しています。どんな絵本を読んでもらうかは、子どもたちと一緒に決めたり、遊ぶおもちゃも子どもたちが自分で選べるように工夫しています。

男性保育士の割合は?

男性保育士は全体の1割程度ですが、勤務しています。男性職員は自分たちにしか出来ない役割を果たし保育園を支えています。
夢工房の男性役職者は園長が2人、主任が2人、副主任が3人となっており、キャリアアップを通じて長く働くことが出来ます。